ウォーターベッド専門店_ロゴ

ウォーターベッドとは? 病みつきになる魅力のウォータベッド。

正直ウォーターベッドは、お客様にとって近くて遠い存在だと思います。
でも一度お使いいただくと、その後は病みつきになるくらい寝心地がいいんです。
そんなウォーターベッドの魅力についてご説明します。

寝つき良く、深い眠りで朝すっきり
熟睡の天敵「寝返り」とさようなら

熟睡の天敵「寝返り」とさようなら
市販のスプリングマットの場合、どうしてもお尻や肩などの出っぱった部分に体の重さ=負担が集中するので、体がしびれを感じて寝返りを繰り返します。
その度に、体は1度睡眠状態が浅くなるので、敏感な方は目覚めてしまうことがあります。

しかしウォーターベッドの場合、マットが体に隙間なくフィットするので、体に掛かる負担を分散させることができます。
そのため、体は負担を感じることがなく寝返りの回数が激減し、常にリラックスした状態でお休みいただけます。

短い時間で深い眠りへ

短い時間で深い眠りへ
体に負担のかからないウォーターベッドは、短い時間で深い睡眠に入れるほど体をリラックスさせてくれるので、スプリングベッドに比べて寝つきが良くなります。
右のグラフは、ベッドを使用された方の熟睡度を比較したものです。 ウォーターベッドは短時間で深い眠りにつけいて、寝つきがとても良いのが見てとれます。

また、深い睡眠につける分、朝目覚めた時にはスッキリとした爽快感が感じられるので、まさに "快適な眠り心地" を実現したベッドといっても過言ではないですね。

水の力で、ボディーラインに完全フィット
プールに浮かぶ感覚のような心地良さ

プールに浮かぶ感覚のような心地良さ
ウォーターベッドと通常のベッドでは、寝心地に大きな違いがあり、通常のベッドはスプリングの弾力で体を押し上げるのに対し、ウォーターベッドは水の浮力で支えます。
プールやお風呂など水の中に入った際、体が軽くなって寝てしまいたくなるほどリラックスできたという記憶。
それは、浮力の力で体を浮かせ、負担の掛かる重力から開放されたことを体が喜んでいる証拠です。

ウォーターベッドはその気持ち良さでお休みいただけるので、横になった瞬間から体が軽く、全身の疲れがスゥーと水に吸い込まれる寝心地をお楽しみいただけます。

水が体を包み込みます

水が体を包み込みます
スプリングマットはどんなに柔らかくても体へ完全にフィットすることはなく、マットと体の間に隙間が生じるので、その部分が負担となり寝起きに疲れを感じてしまう原因になります。
また、スプリングは元へ戻ろうとするスプリングの弾力で体を支えているので、どうしてもお尻や肩などの出っ張った部分に負担が集中してしまいます。

しかし、ウォーターベッドは水のマットレスなので、お使いになる方のボディーラインに合わせて自由に形を変え、体にぴったりフィットしてくれます。
水に浮いてるのとほぼ同等な状態になり体全体が浮力で支えられるので、体の部分的な負荷もなく、疲れを吸い取ってくれるような気持ち良さを体感いただけます。

体にとって理想に近い自然な寝姿勢を保てる
自然な姿勢で、背筋がすっ

自然な姿勢で、背筋がすっ
人にとって一番自然な姿勢は立っている状態で、それをそのまま横にしたのが理想的な睡眠姿勢ですが、普通のベッドでは中々こうもいきません。
人の比重は水とほぼ同じなので水の浮力にゆだねれば、骨格は自然な状態に保たれ、体の中心線がほぼまっすぐの状態になります。

また、腰椎も見事に水平になるので、寝心地は柔らかいのに、自然な姿勢でしっかりお休みいただけます。この心地良さを経験できるのは、まさにウォータベッドならではです。

腰も背骨もリラックス

腰も背骨もリラックス
横になると、腰椎間の軟骨がどうしても圧迫されますが、ウォーターベッドなら腰椎が水平に保たれ圧迫を取り除いてくれます。
「腰が痛いときは膝を立てろ」と言いますが、ちょうどそのような状態をキープしている寝心地です。

水の形は自由に変わるので、お使いになる方のボディーラインを崩すことなく、体の求める最も負担のかからない状態で優しく支えてくれます。アメリカではこの特性を腰痛への処方として活かすため、ウォーターベッドが用いられています。
(※日本ではまだ医療用としては認められていません。)

夏はひんやり、冬はぽかぽかで年中快適
温度調節で常にベッドは快適温度

温度調節で常にベッドは快適温度
寝床内の快適温度は、一般的に一年中変わらず約30度くらいと言われています。
ウォーターベッドは、サーモスタット制御のヒーターで設定温度を保つことができるので、横になった瞬間から快適な温度でお使いいただけます。

隅から隅まで快適温度を保ち、寝床内の気象の変化をごく緩やかなものにしてくれるので、 寒い時期など手足を伸ばした瞬間にひやっとして目が覚めるという心配もなく、また夜中に気温が急に下がっても気になることがないので、快適にお休みいただけます。

水が密封状態だから、ずっと清潔
寝床内気象で大切なのが清潔度。ウォーターマットレスは密封されているので、マット内でのダニの繁殖はありません。
また、電気毛布などで暖めると肌が乾燥してカサカサになったりしますが、大きな湯たんぽとも言えるウォーターベッドならその心配もほとんどありません。

アドバイザーが動画でご説明

一度眠ると病みつきになるウォーターベッドの魅力について、アドバイザーが動画でご説明します。



株式会社トイロ
〒726-0013
広島県府中市高木町371-1

カタログダウンロード
Copyright c Toiro CO.,LTD All rights reserved.